お知らせ

お知らせ

店主の独り言【その4】 (2013/07/26)

今回はオーダー服の採寸のノウハウ」をご紹介します。

人の体型は十人十色ですが、当店ではどのような地形の方にもピッタリ合うオーダー服を提供し続けています。

そのキーポイントは「採寸の仕方と体型の見方」です。

人の体は、遺伝的な特徴や運動経験・仕事等の関係で、例えば、左右の肩の角度や腕の長さが異なったり、そり身体や前かがみ体など、さらには左右の足の長さにも違いが有る等、種々様々です。

当店では、採寸の折に、熟練の目でお客様の体型を見極め(例えば足の長さが違う原因は左右の腰骨の高さの違いであるとか)たうえで、各部位の寸法を入念に確かめます。

その詳細な採寸結果を基にして、生地を裁断し仮縫を行ないます。

次回は、仮縫から本縫いに至るまでの技術とノウハウをご紹介する予定です。

店主の独り言【その3】 (2012/07/11)

オーダーメードは新しい!!

オーダー服は古いという印象をお持ちではないでしょうか。

決してそうではありません。

何故なら、お客様の注文を頂いてから採寸をし、ご要望のデザインをお尋ねし、さらに今の新しいデザインを取り入れて裁断にかかり、仮縫いを行ないます。

そして仮縫いの時に、再度、お客様のご要望にあったデザインとなっているかを確認したのちに本縫いを行ないます。

私どもは、常に最新の流行やデザインに目を配り、それをお客様に最もふさわしい形でご提供できるように、日々努力しております。

あなただけの一着を、当店でオーダーされませんか。

店主の独り言【その2】 (2010/07/26)

今回はハンドメードオーダーとイージーオーダー(パターンオーダーとも言います)の違いについて説明します。

イージーオーダーは、服地はお客様が選ばれたものを使い、採寸(体の各部分の寸法を測る)の時には、例えばA6とかAB5とかの、お客様の体系に近いパターンの服を着用して寸法を合わせます。

縫製は工場で行い、採寸の時に使用したパターン(コンピュータに入っている類型パターン)を使用し、後は採寸時の袖丈と股下を合わせて縫製されます。

つまり、既製服との違いは、服地が指定できることと、袖丈、股下の調整ができるということだけです。

ハンドメードオーダーとは、お客様の体の各部を採寸することに加えて

・反身体か屈身体か、左右の肩の上り下り具合や両腕(袖)の長さの違い、ズボンの膝が逃げぎみかなどの体の特徴

・襟の刻みの高さやズボンのはき具合(前を高くか後ろを高くか)などのお客様の好み

などを入念にチェックし、お客様が選ばれた服地を裁断します。

その後、仮縫いを行い、お客様に着用いただいて、各部分の補正を行い、熟練した職人がミシンと手作業で縫い上げていきます。

また、裏地やボタンなども厳選した素材を用い、世界に一着だけの服を完成させるのです。

 

店主の独り言【その1】 (2010/07/21)

以前、麻生(元総理)の洋服をテレビで何度も拝見しました。

そのとき感じたことは、よい仕立をしている、ハンドメードオーダーの見本みたいな服だということです。

同業者として、これは私も負けられないと思いました。

ハンドメードオーダーという言葉を聞き慣れない方もおられると思いますので、次回から、詳しくご説明したいと思います。

先ずは、ハンドメードオーダーイージーオーダーの違いから説明したいと思います。

ご期待ください。

商品の紹介を追加しました (2010/04/13)

若々しい三つ釦スーツ、最高級のカシミヤ生地を使用したオーダースーツや、これからの季節に最適なコットンスーツなどを「商品紹介」ページに記載しました。

当店自慢のハンドメイドオーダー服をご覧ください。

ハンドメイドオーダーとは (2010/03/02)

ハンドメイドオーダー服の記事を「商品紹介ページ」に掲載しました。

あなたの体型にピッタリフィットし、着ごこちよく、いつまでも型崩れしない秘訣をご覧ください。

ホームページオープン (2010/01/09)

テーラー白井のホームページをオープンしました。

皆様に、当店のことをよく知って頂くために、様々な情報を発信していきます。

どうぞよろしくお願いします。

このページのTOPへ

【住所】
長崎市浜町2番17号五島ビル2階
    (メガネのコクラヤ前)
【電話番号】095-825-3000
【FAX番号】095-825-3434
【営業時間】9:00~18:00
【店休日】第1,3火曜日